ジュンパナ茶園

   


ジュンパナ茶園



ジュンパナ茶園は、2013年以降、急激に品質が良くなっている

ジュンパナ茶園はここ最近、2013年ぐらいから急激に、品質がよくなっている茶園です。

そのため、当店でも、2013年以降、ジュンパナ茶園の紅茶をセレクトすることが多くなり、2014年セカンドフラッシュでは、ブルゴーニュ・マスカテル皇帝の夏摘みダージリンと2つもセレクトしております。



西暦2000年ごろまでの品質の良さが戻ってきた

ジュンパナ茶園は、西暦2000年ごろまでは、とても品質がよくて有名でした。そのときは、キャッスルトン茶園とジュンパナ茶園が、ダージリンの中で有名2大茶園とも言えるような状態で、とても品質がよかったです。

当時は、たしかに、この2つの茶園がとても美味しかったのです。

特に、ダージリン紅茶が日本の中で最高級と認識されるようになった、きっかけであるマスカテル・フレーバー(マスカットが熟したような甘い上品な香り)をもつ紅茶として有名になっていきました。

ただし、その後、2005年ごろには、ジュンパナ茶園はかつてのような最高の美味しいダージリンではなくなってしまい、普通の他の茶園と同じぐらいの品質になってしまいました。

ですが、また、2013年ごろから、品質が急激に上がってきており、2014年の夏(セカンドフラッシュ)では、私の見るところ、ダージリンの中で、最高の出来に戻ってきています。

 






トップページへ戻る


商品 検索サーチ


通販ガイドお問い合わせ会社概要店舗