紅茶の仕入れ旅日記

当店の店主(中野光崇)は、ダージリンなどの紅茶の産地に行って、
現地の生産者に会い、産地の茶畑の様子をみて、最高の紅茶を探す旅をしております。

旅日記 一覧


ビデオ編

日記

初めて、本場の紅茶に出会ったのはネパールでした。もともと、ネパールには最初はただのバックパッカーの旅行として訪れました。そこで、たまたま街を歩いていたときに、紅茶専門店をみかけたのです。最初はそれほど期待せずに、ネパール紅茶を買って帰りました。そのネパール紅茶が、カンニャム茶園という当時の日本では手に入れるのがなかなか難しい紅茶でした。その紅茶が日本の紅茶好きの方にとても好評で、それで当店は紅茶専門店として創業しました。もともと、世界の国を旅していたので、紅茶専門店を仕事としたあとも、ダージリンキームンスリランカなど、世界中の紅茶の産地を訪ねて、現地から最高の紅茶を仕入れるようにしています。

紅茶は鮮度がとても大事です。そのため、当店では産地から仕入れた紅茶を新鮮な状態、香り高い状態で、お客様の元に届けるようにしています。日本でも刺身や魚料理をよく食べますが、海の近くで鮮度がいい魚ほど美味しいのと同じように、紅茶も鮮度がいいほうがおいしいです。

スリランカに行ったときには、紅茶の産地を巡る旅の途中で、山道の途中だったのですが、昼ごはんに自然の山に囲まれたレストランに入りました。そこは山間にあって、マイナスイオンが多くてとても清々しい空気が多かったのですが、そこで出てきたカレーがとても美味しくて、そのときは、すこし体調が悪かったのですが、それを忘れるぐらい、たくさんたくさんカレーを食べました。それほど美味しかった理由は、スリランカはスパイスの産地でもあるので、カレーに使われていたスパイスがとても新鮮だったようです。


通販ガイド





お問い合わせ | 業務用(卸価格35%OFF) | スタッフ求人 | 当店の使命 | 紅茶の仕入れ旅日記 | メールマガジン 


(C) 紅茶専門店 京都 セレクトショップ