あああ

TOP > 旅日記 > ネパールへ(創業時) >

ネパール 1999' 温かい冬編
久しぶりにネパールの友達に会おう!

ネパールへの旅行者が集まるところ、タメル地区。

このあたりにはホテル、レストラン、洗濯屋、日本語の古本屋など、 旅行者のためのお店がたくさん集まってる。

このあたりで働いているネパール人はほとんどの人が 英語をしゃべれる。

レストランで食事をしてても、そこで働いている人が 気軽に話し掛けてくれます。

いつのまにか顔見知りになって仲良くなり、友達が増えていく...

初めてネパールに来たときからの友達です(写真中央)。

彼の実家は東ネパールの田舎の田舎。家から一番近い バス停まで行くのに歩いてまる3日かかるらしい... ひぇー(^^;;

そこから、バスで10時間ぐらいかけて、ここカトマンズに 来たらいんです。

自然の中、ヒマラヤの麓で育ったテジの感性は独特。 話をするとすごい面白い。

将来の夢はジャーナリスト。ただいま、勉強中!

ホテル・ガルーダ隣の宝石店の兄弟2人です。

この2人、すごく背筋を伸ばして表情が硬いでしょう?

ネパールの人にとっては、まだ写真を撮ることが特別な ことらしいみたいです。

写真を撮るときに自分の兄弟より背を高く見せたいらしくて、 「おまえの椅子のほうが高いから変えろ!」など、 「俺より前に出るな」などいろいろ言い争ってました (^^;;

ネパールの人って、大人でもなんか子供っぽいところが あるというか、気持ちが純粋なまま大人になったって感じがします。

ホテル・ガルーダの中にあるレストランのシェフの人です。

レストランのキッチンの中で写真を撮らせてもらいました。よくしゃべる陽気なおじさんです(^^;;

今度、ネパールに行ったときに、ヒマラヤのトレッキング(山登り)に連れてってもらう 約束をしました。

そのときは、またデジカメで写真撮ってホームページに載せますね。


ネパール(創業時) 旅日記 一覧


あああ