TOP > 旅日記 > ダージリン旅行 >

ダージリン旅日記
茶園での茶摘み風景

丘の上から一望したダージリンの茶園風景です。 たくさんの山々が霧に包まれ神秘的な雰囲気です。

こんな幻想的なところで紅茶が創られています!

茶摘み風景です。茶摘みは女性の方が主に行います。ひとつひとつ丁寧に、茶葉を摘んでいきます。

こういう人手間でしっかりした作業があって、あの香り高いダージリン紅茶ができるのですネ!

私も茶摘みをさせていただきました。(^o^)/

茶摘みは意外に簡単ですが、ひとつひとつ丁寧に摘んでいくので、結構時間がかかります。 根気がいる仕事です。

アボングローブ茶園のマネージャーの方です。(写真右)

インドの方ですが、チベット系なので顔立ちがすごく日本人に似ていますネ!(^o^)

このマネージャーさんは、パールティーなどすごく質のいい紅茶を作り上げます。 

製茶工場に入るときに、黄色の布を首にかけていただきました。 これは、「歓迎のしるし」だそうです!

やった! 本当にダージリンまで着たんだ! と思った瞬間でした!(^o^)(^o^)\\

アボングローブ茶園の上のほうまで行ってきました。

ここはダージリンの数ある茶園の中でも、とくに標高が高いところが、あたり一面に霧が立ち込めていて、日本と同じ地球上の上とは思えないほど、神秘的なところでした。

こんなところで紅茶が創られているのです。

茶畑の中で写真をとってもらいました。

手の上の写っている茶葉が、一芯二葉です。

1つのティップス新芽と2つのオレンジペコーです。この一芯二葉を基本にして、茶摘が行われています。

茶摘み終わったあと、女性達が茶葉を運んでくれるトラックを待っているところです。

お疲れ様です。

茶摘の女性達。カメラを向けると、すごく照れていました。できあがった写真を見せると皆で喜んでくれました!^^


旅の続き >

紅茶の製造工程



通販ガイド





お問い合わせ | 業務用(卸価格35%OFF) | スタッフ求人 | 当店の使命 | 紅茶の仕入れ旅日記 | メールマガジン 


(C) 紅茶専門店 京都 セレクトショップ