TOP > 旅日記 > ダージリン旅行 >

ダージリン旅日記
カルカッタから ダージリンへ向かう

カルカッタから飛行機に1時間乗って、バグドグラ空港に着きました。 

ここの空港は軍事用のため空港内での撮影は固く禁止されています。 

この写真は空港から少し離れたところにて。 ここから、タクシーに乗り、平野部を1時間、山道を2時間、合計3時間走って、ダージリンの町。

ダージリンの山に登る手前の平野部にも紅茶の茶園が広がっていました。  

テライ紅茶と呼ばれるところ。 ここはまだ平野部だったので熱かったのですが.... さらに走ると....

山道になります。 曲がった山道を上に登っていくので、どんどん寒くなっていきます。

今回のトラブルは... 「山奥でタクシーに置き去りにされた」(^^; どんなトラブルだったかと言うと・・・

ダージリンまでは、空港から車に乗って3時間かかります。 道は人影もない山道を通ります。

 
その山道の途中に、写真を撮りたいと思って車(タクシー)を停めてもらって、降りて写真を撮りました。 

いっしょにダージリンを訪問する予定の、紅茶商社の方も下車して、写真を撮ってもらったんです。

そのときの写真がこれだったんです! じつは、この写真を撮ったあと、私たち2人を残して急にタクシーが猛スピードで発進してしまったんです!

「えーーーーーっ!(^^;」 「あ、やばい、やられた!!!!」と焦りました。

パスポートや荷物はすべて、タクシーの中に置いたままです。 どうしよう? どうしよう?

とりあえず、山道を上のほうに向かって歩いたのですがタクシーは、全く見えないところまで行ってます。

かなり遠くに?ピ ン チ ! (^^; このままだと、紅茶の茶園に辿りつけるどころではありません。

どうしよう? どうしよう?10分ぐらい考えながら、山道を徒歩で進みました。

すると、さっきのタクシーが今度は猛スピードでバックしながら、戻ってきたのです!!! (^o^)/

え、なに?!なぜ、急に戻ってきたの?なんと! その運転手曰く、停車していたとき、後ろから来ていた別の車が、タクシーを追い越す際に、タクシーに悪口を言ったらしく 「そこで、停車するな!」 

それにタクシー運転手が怒って、追いかけて行った。怒るのはわかるけど、ふつう、お客さんを置いて追いかけていくだろうか?

日本では状況は違いますねー(^^; あー、それにしてもタクシーが戻ってきてよかった!^^

で、このあと、運転手の方が、「めっちゃいい人」に思えてきて・・・^^
 
なんといっても、戻ってきてくれた方ですからねー。(^o^)/

ダージリンの町に無事に到着した後、最後、「いい人、いい人!」 って、僕が笑顔になって、別れるときは、運転手も笑顔になって....

なんか、結局は、無事で幸せな気分になったダージリンまでの旅でした (^o^)

おもちゃの電車と呼ばれる「トイ・トレイン」です。 ジープで3時間行く道をトイ・トレインなら10時間以上かかります。 

観光用なので、忙しい仕事の時には使えません。

おおぉ!^^ 遥かなる山、ヒマラヤ山脈が見えてきました! ついに、空港から車に乗って3時間で、ダージリンの町に到着! 

手前に点在している家々があるところがダージリンの町です。

さっそく、ダージリンについて、お腹がすいているので、まずはご飯。 

カレーでしたが、スパイシーでかなり美味しかったです。「おかわり!^^」 

今日は早く寝て、翌朝からダージリンの茶園を巡ろうと思います!

この後、翌朝はオカイティー茶園に訪問するため車に乗ります


旅の続き >

オカイティー茶園 訪問記



通販ガイド





お問い合わせ | 業務用(卸価格35%OFF) | スタッフ求人 | 当店の使命 | 紅茶の仕入れ旅日記 | メールマガジン 


(C) 紅茶専門店 京都 セレクトショップ