ダージリン 季節

2017 セカンドフラッシュ


【セカンドフラッシュ】
ダージリン新茶 3茶園セット 発売中


皇帝の夏摘みダージリン 店主イチオシ

熟した香ばしい香り駆ける!

夏摘みダージリン

ダージリン紅茶の季節


ダージリン紅茶の茶園では、春・夏・秋と一年間に三回、紅茶の葉が摘まれます。

同じ産地でも、摘まれる季節によって、香り、味が全く異なったものに 仕上がります。

ここが紅茶の面白いところ。それぞれの季節の違いを楽しみましょう!


● ファーストフラッシュ FIRST FLUSH(春摘み)

春になり雨季の時期に入ると新芽が出始めます。この時期の後に採れる紅茶がファースト・フラッシュです。

外観は新芽らしく他の葉より淡い色をしています。味もクセがなく、香りも爽やかな感じがします。 「香りのファースト・フラッシュ」といわれています。

生産量が少なく、ゴールデンティップスが多く含まれているため、市場価格は高め。


● セカンドフラッシュ SECOND FLUSH(夏摘み)

このあと、少し間をあけて、セカンド・フラッシュが摘まれます。セカンド・フラッシュはコクがあります。 ダージリン地方で採れるセカンドフラッシュは「マスカットフレバー」と 呼ばれる独特の甘さがあります。 「味のセカンド・フラッシュ」といわれています。

マスカテルフレーバーとは、ダージリンのセカンドフラッシュだけに出てくる、独特の天然の甘みある味わいのことです。これは、世界でも、ダージリンの夏の紅茶のみ作ることができる貴重なものです。リーフの発酵(リーフが茶色になること)が絶妙であり、かつ、新芽があることが条件で、そのリーフの「天然の養分」が 「天然の甘み」を作り出します。

天然の甘みのため、砂糖のように強い甘みではなく、あくまで天然が作る「ほのかに感じる」「上品な甘み」なのです。セカンドフラッシュにだけ出せる味の特徴です。


● オータムナル AUTUMNAL(秋摘み)

そののち、秋に摘まれる葉がオータムミルと呼ばれて、味は強めで、少し渋くなります。 いかにも紅茶らしい紅茶になります。 このオータムナル独特の渋さを好んで飲む紅茶フリークの人も多くいます。

以上、ダージリン紅茶についての季節ごとの違いの解説でした。


紅茶のマメ知識

紅茶 入れ方

ミルクティー 入れ方

アイスティー 入れ方

紅茶 種類

効能 効果

カフェイン

紅茶 ゴールデンティップス

紅茶 賞味期限

ダージリン 季節 (ファーストフラッシュ・セカンドフラッシュ・オータムナル)

ダージリン 等級

ダージリン ロットナンバー




(C) 紅茶専門店 セレクトショップ