E¿ 紁EŒ¶ã®ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã€€çœ ã‚ŒãªãE–¹ã‚E«æœ‰é‡ã‚E¦Šå¨ ä¸­ã‚E‚³ãƒ¼ãƒ’ãEにつぁE¦

紁EŒ¶ã€€ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³

紁EŒ¶ã«ã¯ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ãŒå«ã¾ã‚Œã¦ãE‚‹ã®ã‚’ご存じでしょぁE‹EEbr>

カフェインと聞くとコーヒãEを思い浮かべる方も多いかと思いますが、紁EŒ¶ã®ã¿ãªã‚‰ãšç·‘茶めEƒé¾èŒ¶ã«ã‚‚実ãEカフェインが含まれてぁE‚‹ã®ã§ã™ã€Ebr>

コーヒãEと比べて 紁EŒ¶ã®ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã®å«æœ‰é‡


挽ぁEŸè±E‚’そãEまま摂取するコーヒãEと比べ、紁EŒ¶ã¯ãŠæ¹¯ã‚E°´ã§æˆåEを抽出して飲むため、Ebr>

茶葉に含まれるカフェインの量ãEコーヒãE豁E‚ˆã‚Šã‚‚多いもãEの、E/p>

飲料としてのコーヒãEと紁EŒ¶ã‚’比べると紁EŒ¶ã®æ–¹ãŒã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã®é‡ãE少なくなります、Ebr>

それでは、紁EŒ¶ã«å«ã¾ã‚Œã‚‹ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã®é‡ãE茶葉ãE種類や抽出の仕方によってどのように違うのでしょぁE‹EE/p>

紁EŒ¶E‘杯あたりどれくらいのカフェインが含まれてぁE‚‹EE/h3>


紁EŒ¶E‘杯を150ccとすると、E¼‘杯あたりに含まれるカフェインの量ãEおよそ35mgです、E/p>

成人にとって好ましいカフェインの摂取量ãE100EE00mgと言われてぁE‚‹ãŸã‚ã€ç´EŒ¶ã«æ›ç®—するとE“杯程度であれば問題ありません、E/p>

新芽ほどカフェインを含んでぁE‚‹


紁EŒ¶ã«ä½¿ã‚ã‚Œã‚‹èŒ¶è‘‰ãEクオリチE‚£ãƒ¼ã‚·ãƒ¼ã‚ºãƒ³ã¨å‘¼ã°ã‚Œã‚‹æ—¬ã®æ™‚期に摘まれた新芽めE€Ebr>

茶葉がある程度成長してから摘まれる新芽の下ãE茶葉など、葉によってカフェインの含有量が少しずつ違います、E/p>

一般に、新芽ほどカフェインを多く含んでぁE¾ã™ã€Ebr>

カフェインの摂取を控えたぁE ´åˆã«ã¯ã€æ–°èŠ½ã®ç´EŒ¶ã¯æŽ§ãˆãŸæ–¹ãŒè‰¯ãE‹ã‚‚しれません、E/p>

お湯出しと水出しではどちらが多くカフェインを含むEE/h3>


紁EŒ¶ã®æŠ½å‡ºã®æ–¹æ³•ã«ã¯ã€ãŠæ¹¯ã§èŒ¶è‘‰ã‚’蒸らすお湯出しと、茶葉に水をåEれてE˜æ™‚間ほど寝かせて作る水出しãE主にE’種類があります、Ebr>

抽出方法とカフェインの含有量の関係を見てみると、水出しãE紁EŒ¶ã®æ–¹ãŒã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã®å«æœ‰é‡ã¯å°‘なくなります、Ebr>

カフェインは水よりお湯の方がよく抽出されるæE刁E ã‹ã‚‰ã§ã™ã€E/p>

カフェインを抑えたぁE ´åE/h3>


カフェインを抑えたぁE ´åˆãE、FOPEˆãƒ•ãƒ©ãƒ¯ãƒªãƒ¼ã‚ªãƒ¬ãƒ³ã‚¸ãƒšã‚³ãƒ¼E‰ã‚„OP(オレンジペコーE‰ã‚„PEˆãEコーE‰ãªã©ã®æ–°èŠ½ã«é™å®šã•ã‚ŒãŸèŒ¶è‘‰ã‚ˆã‚Šã‚‚、E/p>

PSEˆãEコースーションE‰ã‚„SEˆã‚¹ãƒ¼ã‚·ãƒ§ãƒ³E‰ã‚’多く使った茶葉を選び、それを水出しで抽出すると良ぁE§ã—ょぁE€Ebr>

ただし、味めE¦™ã‚Šã®å¥½ã¿ã‚‚ありますから、もし気に入った紁EŒ¶ãŒæ–°èŠ½ã§ã‚れば飲む量をE‘日あたり2杯程度にしておけば問題ありません、E/p>

眠気覚まぁE/h3>


紁EŒ¶ã«ã¯ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ãŒå«ã¾ã‚Œã¦ãE¾ã™ãEで、眠気覚ましにはぁE„と言われてぁE¾ã™ã€E/p>

カフェインは、人によって効果ãEほどが違ってきますが、私ãEカフェインを飲むと、E¼‘2時間ぐらいは寝付けなくなります、E/p>

そãEため、紁EŒ¶ã‚’飲むのは主に午前中だけにしてぁE¾ã™ã€Ebr>

・紁EŒ¶E‘杯より、コーヒãEE‘杯のほぁEŒã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ãŒå¤šã„

一度、イギリスに紁EŒ¶æ—E¡Œã«è¡Œã£ãŸã¨ãã«ã€ã›ã£ã‹ãã‚¤ã‚®ãƒªã‚¹ã¾ã§è¡Œã£ãŸãEで思い、夕方に、紁EŒ¶ã‚’1ãEチEƒˆåˆE¼ˆï¼“ティーカチEE刁E¼‰ã™ã¹ã¦é£²ã‚“だら、その日の夜ãE、紁EŒ¶ã®ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã®åŠ¹æžœã§å…¨ãçœ ã‚‹ã“とができませんでした。(^E¾EE/p>

紁EŒ¶ã®ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã®é‡ãE、コーヒãEよりも少なぁE¨è¨€ã‚ã‚Œã¦ãE¾ã™ã€‚これãE、コーヒãEはE‘杯を作るのに豁E‚’E‘0aEã‚‰ã„使ぁE¾ã™ãŒã€ç´EŒ¶ã¯E‘杯を作るのに、茶葉ãEE‘aE‚„E’aE¨‹åº¦ã—か使ぁE¾ã›ã‚“。そのため、E¼‘杯あたりにすると、紁EŒ¶ã®ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã®ã»ãEŒã€ã‚³ãƒ¼ãƒ’ãEより少なぁE¨è¨€ã‚ã‚Œã¦ãE¾ã™ã€Ebr>

紁EŒ¶ã€€ãƒŽãƒ³ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ã®ã‚‚ãEはありません


紁EŒ¶ã®ãƒŽãƒ³ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³Eˆã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ãŒä¸€åˆEªãE¼‰ã‚‚のは、現実にはありません、E/p>

私も一度、大阪のレストランに行って、最後に出てくる飲み物を注斁E™ã‚‹ã¨ãã«ã€ã€Œç´EŒ¶ã€ã‚³ãƒ¼ãƒ’ãE、ハーブティー」どれがぁE„ですかEE/p>

と聞かれたので、「紁EŒ¶ã¯ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ãŒã‚ã‚‹ãEで、夜飲むとぁE‘なぁEEで、ハーブティーにします」と言ったら、店員さんが「カフェインのなぁE´EŒ¶ãŒã‚りますよ、Ebr> と言われたãEで、ãEっくりして、それを注斁E™ã‚‹ã“とにしました、E/p>

後日、当店ãE仕åE先などにお願いして、「ノンカフェインの紁EŒ¶ãŒã‚りますかEŸã€ã¨å°‹ãEると、「あります。」との回答でした、E/p>

そして、その「ノンカフェインの紁EŒ¶ã€ã‚’仕åEれてみて、販売する前に、E£Ÿå“æ¤œæŸ»ã«ã‹ã‘てみたãEですが、結果は「カフェインが0」ではなくて「カフェインが50!E‚ªãƒ•ã€Ebr> の状態でした、E/p>

紁EŒ¶ã®èŒ¶è‘‰ã«ã¯å…E€E€ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚¤ãƒ³ãŒå«ã¾ã‚Œã¦ãE¾ã™ãEで、それを完åEになくすることは難しいと思います。カフェインの少な目の紁EŒ¶ã¯ä½œã‚Œã¦ã‚‚、完åEにノンカフェインの紁EŒ¶ã¯
ぁE¾ã®ã¨ã“ろ、見たことがありません、E/p>

眠れな


夜に眠れなぁEººãŒå¢—えてます。過度のストレスを抱える人が多く、老Eˆäº‹ã‚’してぁE‚‹ã¨çœ ã‚Šã«ãããªã‚‹ã‚ˆãE§ã™ã€E/p>

妊娠中


妊娠中はおèEの赤ちめE‚“をを守るため、E£Ÿã¹ã‚‹ã‚‚のめE£²ã‚€ã‚‚ãEが制限されます、E/p>


紁EŒ¶ã®ãƒžãƒ¡çŸ¥è­E/a>



iCj@g’ƒê–å“X@ƒZƒŒƒNƒgƒVƒ‡ƒbƒv