紅茶 カフェイン

紅茶にはカフェインが含まれているのをご存じでしょうか?

カフェインと聞くとコーヒーを思い浮かべる方も多いかと思いますが、紅茶のみならず緑茶や烏龍茶にも実はカフェインが含まれているのです。

コーヒーと比べて 紅茶のカフェインの含有量


挽いた豆をそのまま摂取するコーヒーと比べ、紅茶はお湯や水で成分を抽出して飲むため、

茶葉に含まれるカフェインの量はコーヒー豆よりも多いものの、

飲料としてのコーヒーと紅茶を比べると紅茶の方がカフェインの量は少なくなります。

それでは、紅茶に含まれるカフェインの量は茶葉の種類や抽出の仕方によってどのように違うのでしょうか?

紅茶1杯あたりどれくらいのカフェインが含まれている?


紅茶1杯を150ccとすると、1杯あたりに含まれるカフェインの量はおよそ35mgです。

成人にとって好ましいカフェインの摂取量は100~200mgと言われているため、紅茶に換算すると3杯程度であれば問題ありません。

新芽ほどカフェインを含んでいる


紅茶に使われる茶葉はクオリティーシーズンと呼ばれる旬の時期に摘まれた新芽や、

茶葉がある程度成長してから摘まれる新芽の下の茶葉など、葉によってカフェインの含有量が少しずつ違います。

一般に、新芽ほどカフェインを多く含んでいます。

カフェインの摂取を控えたい場合には、新芽の紅茶は控えた方が良いかもしれません。

お湯出しと水出しではどちらが多くカフェインを含む?


紅茶の抽出の方法には、お湯で茶葉を蒸らすお湯出しと、茶葉に水を入れて8時間ほど寝かせて作る水出しの主に2種類があります。

抽出方法とカフェインの含有量の関係を見てみると、水出しの紅茶の方がカフェインの含有量は少なくなります。

カフェインは水よりお湯の方がよく抽出される成分だからです。

カフェインを抑えたい場合


カフェインを抑えたい場合は、FOP(フラワリーオレンジペコー)やOP(オレンジペコー)やP(ペコー)などの新芽に限定された茶葉よりも、

PS(ペコースーション)やS(スーション)を多く使った茶葉を選び、それを水出しで抽出すると良いでしょう。

ただし、味や香りの好みもありますから、もし気に入った紅茶が新芽であれば飲む量を1日あたり2杯程度にしておけば問題ありません。

眠気覚まし


紅茶にはカフェインが含まれていますので、眠気覚ましにはいいと言われています。

カフェインは、人によって効果のほどが違ってきますが、私はカフェインを飲むと、12時間ぐらいは寝付けなくなります。

そのため、紅茶を飲むのは主に午前中だけにしています。

・紅茶1杯より、コーヒー1杯のほうがカフェインが多い

一度、イギリスに紅茶旅行に行ったときに、せっかくイギリスまで行ったので思い、夕方に、紅茶を1ポット分(3ティーカップ分)すべて飲んだら、その日の夜は、紅茶のカフェインの効果で全く眠ることができませんでした。(^^;

紅茶のカフェインの量は、コーヒーよりも少ないと言われています。これは、コーヒーは1杯を作るのに豆を10gぐらい使いますが、紅茶は1杯を作るのに、茶葉は1gや2g程度しか使いません。そのため、1杯あたりにすると、紅茶のカフェインのほうが、コーヒーより少ないと言われています。

紅茶 ノンカフェインのものはありません


紅茶のノンカフェイン(カフェインが一切ない)ものは、現実にはありません。

私も一度、大阪のレストランに行って、最後に出てくる飲み物を注文するときに、「紅茶、コーヒー、ハーブティー」どれがいいですか?

と聞かれたので、「紅茶はカフェインがあるので、夜飲むといけないので、ハーブティーにします」と言ったら、店員さんが「カフェインのない紅茶がありますよ」
と言われたので、びっくりして、それを注文することにしました。

後日、当店の仕入先などにお願いして、「ノンカフェインの紅茶がありますか?」と尋ねると、「あります。」との回答でした。

そして、その「ノンカフェインの紅茶」を仕入れてみて、販売する前に、食品検査にかけてみたのですが、結果は「カフェインが0」ではなくて「カフェインが50%オフ」
の状態でした。

紅茶の茶葉には元々、カフェインが含まれていますので、それを完全になくすることは難しいと思います。カフェインの少な目の紅茶は作れても、完全にノンカフェインの紅茶は
いまのところ、見たことがありません。

眠れな


夜に眠れない人が増えてます。過度のストレスを抱える人が多く、考え事をしていると眠りにくくなるようです。

妊娠中


妊娠中はお腹の赤ちゃんをを守るため、食べるものや飲むものが制限されます。


紅茶のマメ知識



(C) 紅茶専門店 セレクトショップ