紅茶 賞味期限

紅茶の賞味期限は、各社が決めてパッケージに印刷してあります。

紅茶は10年後や20年後でも飲むことができます。湿気さえなければ腐ることはありません。常温保存で大丈夫です。


紅茶の賞味期限のつけ方


紅茶の賞味期限は、美味しく飲むという意味で、各社とも2年〜5年ぐらいで賞味期限をつけることが多いです。

京都セレクトショップでは、賞味期限は1年〜2年と、あえて短めの賞味期限をつけています。

それは、できるだけ早く飲んだほうが香りがよく美味しく飲めるので、あえて、そのようにしています。



トップへ戻る

香り 品質


紅茶は空気に触れると劣化してしまいます。

封をあけると空気にふれる可能性が高まりますので、フレーバーティーなどは一気に香りが落ちてしまいます。

封をあけられてからは、3ヶ月以内にお召し上がりいただいた方が香りと味を楽しんでいただけると思います。

毎日飲まれてらっしゃると、だいたい1ヶ月ほどでなくなってしまうかと思います。

トップへ戻る


紅茶のマメ知識

紅茶 入れ方

ミルクティー 入れ方

アイスティー 入れ方

紅茶 種類

効能 効果

カフェイン

紅茶 ゴールデンティップス

紅茶 賞味期限

ダージリン 季節 (ファーストフラッシュ・セカンドフラッシュ・オータムナル)

ダージリン 等級

ダージリン ロットナンバー




(C) 紅茶専門店 セレクトショップ